プロミス

プロミス審査・お申込窓口【※スマホ・PC専用】

プロミス審査・お申込窓口【※スマホ・PC専用】

 

プロミスのキャッシングの特徴について

必要なときにお金を借りることができるサービスが「キャッシング」ですが、キャッシングサービスの中でも大手の『プロミス』の特徴について紹介します。

 

プロミスは、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」という企業が提供するサービス名になりますが、この会社は、SMFGグループ企業となります。

 

そのため、プロミスは「銀行系」のキャッシングサービスとも言うことができますが、そのことにより「安心して利用できる」という大きなメリットが出てくることになります。

 

また、2010年6月の出資法の改正により、かつての金利よりも大幅に下げられていますので、「返済は大丈夫かな・・・」と不安になっている方にとっても利用しやすくなっています。

 

法律の改正前では、キャッシングの金利が29%前後であることが多くありましたが、現在は、プロミスの6.3%〜17.8%などのように、お得に利用できるようになっています。

 

初めて利用する方は、申込時の審査のことや利息のことなども心配になるかも知れませんが、借り過ぎに注意すれば、非常に生活を豊かにしてくれるサービスとなります。

 

必要な時に手持ちのお金がない!というときに備え、カードを1枚用意しておくのも賢い選択だと思います。

プロミスの申込み方法について

SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、安心できる企業によるキャッシングサービスですが、その人気の秘密に「申込みがとても簡単!」という点をあげることができます。

 

これまでのキャッシングサービスの申込みでは、「自動契約機」あるいは「無人契約機」まで行き、狭い空間で契約手続きをしなくてはなりませんでした。

 

しかし、プロミスの申込みは、自動契約機以外にも、郵送・電話、さらにインターネットを利用して申し込むことができます。

 

最も人気のある「インターネット」からの申込みでは、パソコンだけでなく、携帯電話・スマートフォンからも申込むことができますので、「いつでも」「どこからでも」申し込むことができます。

 

そのため、時間帯にもよりますが、急にお金が必要になって慌てているときでも、その場で申込みをして、30分程度で入金してもらえる可能性が高くなっています。

 

しかし、本来であれば、「お財布がピンチ!」という事態になる前に、プロミスのカードを用意しておく方が安心ですね。

 

希望する契約額が50万円を超える場合でなければ、「運転免許証」などの本人確認のための書類があれば、すぐにでも申込みができます。

 

いざというときに慌ててしまわないように、カードを用意しておくことも賢い選択ですね!

やっぱり返済が不安だな・・・という方は

利用限度額の範囲内なら、「いつでも」「何回でも」お金を借りることができるのが、プロミスなどのキャッシングサービスになります。

 

キャッシングサービスを初めて利用する方の中には、「返済は大丈夫かな・・・」などの不安があると思いますが、2010年6月18日以降、キャッシング業界に大きな変革があったことで、非常に安心して利用できる環境が整っています。

 

2010年は、「改正貸金業法」が完全施行された年になりますが、監督庁の監視も非常に厳しくなり、貸付金利も大幅に引き下げられることになりました。

 

そのため、暴力的な取立てや脅迫めいた電話などがかかる心配はありませんし、万一、そのようなトラブルが生じたとしても金融庁に通報すると"営業停止"という厳しい処分が下されることになります。

 

また、総量規制の開始により、お金を借りた人が「返済できないほど貸してはいけない!」という基準も設けられていますので、初めての方でも安心して利用できると思います。

 

もっとも、プロミスの場合は、三井住友銀行の関連会社ですので、そのような心配もする必要はないかも知れませんね。

 

お金が必要となったときに、手持ちがないときには、「プロミスから借りる」というのも一つの選択肢になります。

プロミスのキャッシングサービスの種類について

お金が必要な時に限って、「給料日の前」だったり、「土日で銀行が休み」だったりすることは、意外と多くあるものです。

 

急に友達に飲みに誘われたり、欲しいものがオークションなどに出品されていたりするときに、「チャンスを逃さない」ためには、お金を借りることも必要になります。

 

もちろん、返済しきれないほど借りてしまうのは問題がありますが、「給料日までのつなぎ」に、あるいは「高額なものを購入するときの分割払い」のために、プロミスなどのキャッシングをしている方は多くいます。

 

プロミスでキャッシングをする場合、顧客の利便性を向上させるために、「フリーキャッシング」「自営者カードローン」「レディースキャッシング」など、いくつかのタイプに分かれています。

 

ここで、選択に迷ってしまうこともあるかも知れませんが、内容は同じものとなっていますので、プロミスの『フリーキャッシング』を選択しておけば間違いないでしょう。

 

フリーキャッシングでは、最高500万円までの利用限度額を設定できますので、日常生活における「お財布のピンチ」のときに利用するには十分すぎるほど充実しています。

 

急にお金が必要になったときに慌てないように、プロミスのカードを持っておくだけでも安心ですね。

プロミスの利息の計算方法について

急にお金が必要になったときなど、プロミスのようなカードローンの申込みをしておくと、給料日までのつなぎ資金などに役に立つことが多くあります。

 

しかし、いくら金利が安くなったとはいえ、プロミスからお金を借りたときの利息については不安が残ってしまうものです。

 

そこで、ここでは、プロミスからキャッシングしたときの利息の計算方法と、利息の目安について考えてみたいと思います。

 

まず、プロミスの実質年率は4.5%〜17.8%となっていますので、最も高い17.8%だった場合について考えます。

 

この場合の利息の求め方は、

 

(借入額)×0.178×(借りた日数)÷365

 

に必要な項目を代入して求めることができます。

 

たとえば、給料日の1週間前に5万円キャッシングした場合の利息は、

 

5万円×0.178×7÷365=170円

 

ということになります。

 

同様に、10万円・15万円・20万円を1週間借りた場合の利息は、341円・512円・682円となっています。

 

もちろん、長期間に渡って返済した場合は、利息もそれなりに掛かってきますが、「給料日前の1週間程度」なら、大変お得にキャッシングできることが分かります。

 

プロミスのカードを用意しておくだけで、お得にキャッシングができるようになりますね。

プロミスの利用限度額を増やす必要があるときは?

プロミスの申込みをしたときに、最初に設定される利用限度額は、30万円〜50万円程度になることが多いと思います。

 

通常のキャッシングの利用なら、この程度の利用限度額の設定で問題ないと思いますが、自動車で事故を起こしてしまったときの修理代金や、引っ越しをするときの費用を借りるためのお金だと、不足してしまうこともあります。

 

このように、プロミスを利用していく中で、「利用限度額を増やしたい!」というときには、会員専用サイトから「利用限度額の変更の申請」をすることができます。

 

ただし、プロミスを利用している中で、返済が遅れてしまうことが頻繁にあったり、申請した時点で滞納分が残っている場合だと、認めてもらえないこともありますので注意してください。

 

また、総量規制の問題で、利用限度額を増やせないこともありますので、申請するときは「年収の3分の1以内」に収まるようにするのもコツになります。

 

この利用限度額の増額の申請は、オンラインで手続きができる他、プロミスコールに直接問い合わせることもできるようになっています。

 

プロミスを活用していく中で、もう少し利用限度額を増額してほしい、というときは、参考にしてみて下さい。

プロミスの返済に自信がない方へ

プロミスのカードを用意しておくと、給料日前やボーナスの支給日の前でも、「給料を前借りするような感覚で」キャッシングをすることができます。

 

もちろん、先にお金を使ってしまうことになりますから、給料やボーナスが支給されたときには、返済に回す分を考えて使うようにしなくてはなりません。

 

基本的に、プロミスのキャッシングは、返済日をうっかり忘れることが多かったり、何カ月も返済しないで滞納するようなことがない限り、安全かつ安心して利用できるようになっています。

 

しかし、それでも返済に自信がないという方は、「月々いくらまでなら返済できるか?」とか、「キャッシングと同時に節約してみる」というのでも良いでしょう。

 

たとえば、今まで購読していた新聞を中止して、月々4000円の節約をすれば、同じ金額の返済で、11万円までキャッシングすることができます。

 

同様にして、携帯の使用料を節約したり、光熱費などの節約で、月に1万円の返済が可能になったら、27万円程度のキャッシングをすることができます。

 

絶対に必要なお金なら、借りる必要性が出てきますが、同時に節約できるところを探してみると、より安心してプロミスに申し込むことができるようになると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ
プロミス 商品概要 プロミス 審査 プロミス 返済